身近なお金のことを知ろう

ファイナンスとお金を増やせるリスクテイカーについて

ファイナンスには金融が関係しています。
お金を上手に増やせている人はリスクテイカーが多いです。
リスクを取る人は投資する時は損をしても仕方ないと思っています。
投資する以上、時には損もします。
ですが、1つのことだけに投資している訳では無いので、何かが悪ければ他の何かが埋め合わせてくれると全体で見ています。
「卵を一つのかごに盛るな」という格言が有るくらいです。
これは投資をする際には分散投資をする方が良いという意味です。
株式投資をする時には株価が安くなると売りたくなるという考えは改めるべきです。
株は安く買って高く売れば良いのです。
ですが、多くの人はその逆をしてしまいます。
人は心情的に安くなると売りたくなり、高くなると買いたくなるからです。
お金を失うのが怖い気持ちは分かります。
しかし、金融商品は統計的には必ず値上がりします。
悪い相場でも動揺してはいけません。
逆に株価の暴落こそがチャンスです。
その株のバーゲンセールの機会を逃さないで果敢に投資すべきです。
株価が極端に下がる時、人は底なし沼を連想すると言います。
株価が暴落しても怖がる必要が無いことを統計的に知ると良いです。
怖さを克服した先には儲けが転がっている場合が大半です。
金融商品がなぜ統計的に必ず値上がりをするかというと、それは人類が絶え間ない努力によって成長及び発展してきた歴史が証明しています。
ファイナンスは元来、生活をするためのスキルとして、衣食住と同じくらい大切なものです。
ですから、本当はお金に関する事をもっと学校で学ばなければなりません。
しかし、実際には高校までの学校教育で金融について学ぶ機会はほとんど有りません。
大学や大学院で経済や会計、金融を専攻していれば、話は別で経済や金融について詳しく学ぶはずです。
今、投資をするならば、株式より簡単な外国為替証拠金取引(FX)がお勧めです。
FXは外貨預金よりも為替コストも断然お得です。
またFXは24時間いつでも取引ができますので、忙しいビジネスマンの資産運用にも最適です。